大阪市中央区 Mビル 新築工事 その8

2020.2.18

いつもありがとうございます、大阪・高槻市の井上工務店です。

さて、今回のブログは前回に続いて大阪市中央区での新築ビルの新築工事です。
今回はデッキスラブコンクリート打設、ALC搬入施工です!!

前回の記事はコチラ


▼デッキスラブへのコンクリート打設
丁寧な作業を心掛けています!

▼ALCの搬入
ALCは搬入時に欠けてしまったりするので搬入は慎重に行います!

▼これからALCを施工していきます!!

▼職人さんが手際よく施工!

▼1階の壁が仕上がりました!

今後もめまぐるしく工事が進んでいきますので
随時、アップさせて頂きます。
お楽しみに!!

 

【ALCって何?】

ALCとは、Autoclaved Lightweight aerated Concreteの略で、高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートという意味です。
とても軽いコンクリートの壁材って事ですね。

ALCのメリットとしては「軽量」「耐火性・防火性」「断熱性」「遮音性」「耐久性」など、ALCは多くのメリットがある素材です。
ただ、水に弱いというデメリットもあるので、耐水性に優れる塗料を塗布して防水する事が重要です。
あと、継ぎ目が多くなるのでコーキング補修などのメンテナンスも重要になります。


大阪・高槻市で注文住宅・新築・リフォームのことなら株式会社井上工務店まで

お問い合わせはコチラ

一覧に戻る

お問い合わせ

個人様の新築・リフォーム・店舗デザイン・新築工事・改修工事まで
幅広くお客様のご要望にお応えいたしますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのお問い合わせ

06-7777-2071

お問い合わせはこちら